MAZDA マツダ工業技術短期大学校
マツダオフィシャルサイト マツダ採用サイト
TOPページ
短大概要
カリキュラム
学校生活
卒業生・在校生のメッセージ
受験に関して
Q&A
サイトマップ
カリキュラム
育成カリキュラム 授業風景 短大イベント イベント詳細

本校のカリキュラムは、製造現場の実態に即した実践的な教育に重点をおき、基礎技能・技術、及び技術革新に対応できる知識を体系的に習得します。また、社会人として豊かな人間性の向上を目指し、技能・学科・企業人教育において、育成プログラムに基づいた具体的なカリキュラムは編成しています。
※短大の各種イベントの内容については、短大のイベントをご覧下さい。

育成カリキュラム
育成プログラムの概要
短大2年間の目標「やる気とやる腕をもった人材の育成」

生産設備を十分使いこなして安定した生産を行うと同時に職場の改善が推進できるように生産にかかわる基礎的技術、技能および理論を習得する

積極的、前向きに自ら考え、社会人として規律ある行動ができる

より高い目標に挑戦する気力に溢れ、幅広い豊かな人間性をもってリーダーシップがとれる
技術・技能・知識の習得 人間関係能力の向上

ものづくりに関する技術・技能・知識を習得

創造力・問題解決能力の向上

自動車に関する基本技術・技能・知識を習得

2年次
・修了課題
・設備 ・制御 ・生産工学 ・自動車工学

1年次
・機械加工 ・手仕上げ ・溶接 ・計測
・設計 ・製図 ・実験

リーダーシップ の資質の向上

社会人としての規律ある態度を身につける
リーダーシップ

メンバーシップ
カリキュラムの概要
カリキュラムの特徴

基礎技能教育・訓練と実務に即したメカトロニクス教育

実学一体教育

企業人としての基礎固め、幅広く活用できる人材育成

機械工学実験
  ページトップへ
授業風景

ホームルーム

学生は毎日ホームルームを通し、講師からの情報の連絡、各種講話、そして学生間の話し合いなどを行っています。
情報処理実習

1年次に、word、表計算、データベース、パワーポイント、三次元CAD(ソリッドワークス)、などを実習課題を通して、学習する。
ロボット実習

2年次に、ロボットの教示を始め、現場に配属されても困らないレベルのロボット実機訓練を実施します。
溶接板金実習

1年次に金属の溶融、塑性変形などを体得する訓練です。学生は上手・下手は別にして、自力で板金作業・溶接作業ができるようになります。

実際に機械加工を経験し、切り粉の状態、刃物の状態、機械の状態、など自動化されたラインでは経験し得ぬ実習となっています。
[写真左:旋盤実習/右:フライス盤実習]
機械工学実験(座学)

2年次に実施するこの講座を通して、機械装置に関する知識を学びます。2年間の集大成となる修了課題製作実習でその成果を発揮します。
手仕上げ

手仕上げ作業は、技能教育の観点で特に重視している実習です。例えば、はつり作業などでは時に手を叩くこともあり、痛い思いもしますが、ものづくりへの関心が高まっていきます。機械加工部品の仕上げを通して、加工に対する深い理解ができると考えます。
  ページトップへ
短大イベント
イベントカレンダー

・・・全体 ・・・1年 ・・・2年
前期[4〜9月]

4月
入校式
チームワーク研修
リーダーシップ研修
5月
体育祭
安全合宿
文化研究/TPM工場実習
6月
--
--
三次工場見学
7月
--
前期学科中間試験/夏季合宿
ものづくりII
8月
--
--
--
9月
文化祭
前期学科期末試験
社内工場見学/前期学科試験
後期[10〜3月]

10月
--
ものづくりI/秋季合宿
企業訪問研修
11月
--
技能フェア
--
12月
--
測定競技会
--
1月
--
後期学科中間試験
技能照査/後期学科試験
2月
--
工場実習
技能照査
3月
修了式
進級照査/後期学科期末試験
修了課題発表会
  ページトップへ

copyright

企業情報 サイトマップ プライバシーポリシー お問合わせ
マツダ工業技術短期大学校
機械工学実験 情報処理 旋盤 溶接・板金